陶彩画の世界

弥勒菩薩 弥勒菩薩

有田焼の工法を用いながら、作家 草場一壽の独自の発想と技法で完成した焼き物の絵画です。
それは草場の30数年にわたる研究の成果として、高い評価を頂くまでに至りました。
陶彩画は、白い陶板に絵付けを重ねて描きます。
絵付けをして焼成し、その上から違う色を絵付けをしては焼成し、十数回にも及ぶ窯入れを繰り返しながら、絵を描いていくのです。

水も油もなじまない陶器の板に線を引き色をつける緻密な絵付け、窯の温度調整から時間配分まで、制作過程は考え得るすべてを注ぎ込む緊張のとき。
にもかかわらず窯に入れたあとは「火に託す」という人間の思惑の届かない世界です。そうして出来上がったものは、ときに作者のイメージをはるかに凌駕して、まばゆいばかりの光を放ちます。
仕上がりの偶発性をある程度考慮しつつも、窯の中で溶け合う釉薬が生み出す色彩はまさに奇跡。同じ色が生まれることは二度とありません。

瀬織津姫 瀬織津姫

吉兆 鳳 おおとり 吉兆 鳳 おおとり

陶彩画ができるまで

陶彩画ができるまで

陶彩画は白い陶板に釉薬で絵付けを行いますが、一度絵付けをしては焼成し、さらに上から違う色で絵付けをしては焼成し、と、 十数回にも及ぶ窯入れを繰り返しながら描いていきます。

陶彩画ができるまで

0.1~0.2mmの髪の毛程の細い線を駆使して描かれる。細かい紋様や金の装飾は純金を用い、 最終工程で丁寧に磨き上げる。

陶彩画ができるまで

職人による緻密な筆遣いで絵付け→焼成を繰り返す事で花びら一枚一枚にふくよかな質感が生まれる。

陶彩画における「守・破・離」

日本の文化には「型」という価値観があります。
武道や伝統文化など、「道」において、この型を習得することが学びの重要なプロセスですが、そのプロセスにはまた、「守・破・離」という発展過程があります。

まずは師匠(伝統)の教えを「守」るところから始まります。
しっかりと身に着けた後は、教えにこだわらず他流をも研究し、守ってきた型を「破」って、心と技を発展させます。
さらに進むと、「破」も意識せず、独自の境地をきりひらいていく「離」の段階となります。

では、陶彩画における「守・破・離」とは。
有田焼400年の伝統に則って技法を学んだ段階が「守」です。
その技法を用いながら「陶彩画」という焼き物の絵画を構想し、実現していく段階が「破」です。
無謀だ、無理だと言われるチャレンジの中、技術的なことも難しかったことにあわせて、作品のテーマも重要な時期でした。

銀化したラスター彩

銀化したラスター彩

そして、チタンに注目し、現代では幻の輝きとして失われたペルシャのラスター彩なども取り入れて、七色に変化する色の表現に成功。それが「離」の段階に当たると思います。釉薬や焼成の研究を重ねて、陶彩画は唯一無二の芸術として確立できたのです。

「破」の段階まで20数年。そこからまた10年の歳月をかけて、「離」の段階に・・・。
伝統に学び、伝統に留まらず、それを破り、また離れて。
陶彩画というひとつの世界(芸術)があらわれました。

自在 "輝き"へのあこがれ 
「スパークリング グレイズ」

「守破離」から「自在」へ。
私はいま、「輝き」に魅了されています。光ではなく、「輝き」です。

光を追えばかたちがあらわれますが、影を追ってもかたちはあらわれます。
光は影によってなりたち、影はまた光によってなりたちます。
しかし、常に「動き」「変化している」という世界の本質の中で、光と影というふうに対置させる二極的な見方に意味があるだろうかと考えます。
太極(大調和)は無極でもあり、陰陽は二相一対なのですから。

では輝きとは―――。

それこそが光と影のせめぎあい(間)から生じてくるものです。
生と死の間と言い換えてもいいでしょう。私たちが立っているのは、常にその「間」です。

見えない世界を可視化してくれるのが輝きであり、「極楽」というものがあるとすれば、その輝きをいうのでしょう。
生と死の間から出てくる輝きこそは、いのちのきらめきそのものです。

一瞬としてとどまるものはなく、みな刻々と移り変わっています。生の醍醐味はまさに、その変化の中にあるのです。
輝きに憧れ、輝きに魅了され。そうして(変幻)自在の境地にいたります。
自由には不自由という対の言葉がありますが、自在にはありません。
自在も「輝き」と同じく、私たち(生と死と分かつことのできない、いのち)の本質だからです。

輝きへの憧れが「離」の段階から「自在」へと私を導いてくれました。
新たな作品は、「スパークリング グレイズ」と名付けた、変幻自在の輝きこそを陶彩画のエッセンスとして表現するものです。
この新境地を、いのちへのめざめ、生への熱望と言ってもよいでしょう。
好きな言葉にするなら「あこがれ」。「憧」。こころを童のように無垢にして、素直に求める道(輝き)を歩みたいと思います。
ただ、この一瞬一瞬のきらめきを追いかけて。

作者紹介

草場一壽

草場一壽

kusaga kazuhisa

1960年、佐賀県生まれ。
1990年絵付けと焼成を繰り返すという新技法を確立。
以後、「陶彩画」は草場オリジナルの芸術として、数々の作品を世に出し続けている。

商品一覧

該当商品はありません

カテゴリから選ぶ

ページトップへ