コラム

日本の仏像の変遷

仏教画や仏像画には様々な仏像が描かれています。ガンダーラ地方で誕生したとされている仏像は、飛鳥時代の頃、日本にも伝わりました。奈良時代になると、止利仏師によって造られた仏像だけでなく、日本人の手で造られた仏像も誕生しました。こちらでは、そんな仏像の日本での変遷に注目していきます。

飛鳥時代

飛鳥時代は仏教が伝来して間もないため、この時代に造られた仏像は中国など、大陸の影響を受けたものが多いです。銅と木で造られたものがほとんどで、抽象的で神秘的な雰囲気のある止利様式が主流となっています。また、宇宙や自然を象徴した宝珠形光背の仏像が流行していました。

奈良時代

奈良時代になると仏像は人間のプロポーションに近づいてくるようになり、人間の持つ生命感を表現した仏像が増えてきました。また、インドや南アジア文化の影響が見られるようになります。この頃は蝋型鋳造法による金銅像が中心で、一部には粘土や石膏を材料として造る塑像も存在しました。

平安時代前期

平安時代の初期は、唐から最澄と空海が密教を持ち帰ってきたことから、仏教の世界観が大きく変化した時代でもあります。迫力ある肉体表現のものが多く、密教の経典にもとづいた密教派、革新派、保守派の三派に大きく分類されます。密教派は肉付きのよさと水平で切れ長の目が特徴として挙げられ、革新派は厳しい顔立ちと強調された表現、保守派は面相が穏やかで写実的な点が特徴です。

平安時代後期

この時代には浄土信仰と法華経信仰が広まり、阿弥陀如来像と普賢菩薩像が多く造られるようになりました。優美で柔和な表現が特徴的で、木造・寄木造りの仏像が主流とされます。そして、寄木造の完成や仏所の登場などから大量の造仏が可能となりました。

仏教絵画や仏画像などをお探しでしたら、幅広い仏画の通販を行う当ショップをぜひご利用ください。当ショップでは、陶彩画の色彩を忠実に再現できるシルクレや微妙な色の発色も楽しめるジクレ、ポストカードなど、色々な仏画を販売しております。

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • お正月休業

いつもご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。
※カレンダーの休日は、美術館の休日とは異なりますのでご注意下さい。
※ご注文の日より発送まで約7営業日を頂いております。お急ぎの場合はお知らせくださいませ。
※土曜・日曜のご注文、お問い合せの処理は翌営業日以降となりますのでご了承ください。

ページトップへ