コラム

仏像の像容

仏像は大きく、如来像、菩薩像、明王像、天部像の四種類に大きく分けられますが、仏像について知識がないと、どの仏像もそれほど違いがないように感じられるのではないでしょうか。仏像の像容について知っておくことで、それぞれの仏像の違いを楽しむことができます。

お釈迦様の姿をもとにした如来像

阿弥陀如来などの如来像は、苦行の末に悟りを開いたお釈迦様の姿、つまり出家した人の身なりが基本です。一般に全身には衲衣(のうえ)と呼ばれる一枚の布をまとうだけで、戒律に従って、薬師如来をのぞいた如来は托鉢をするための鉢以外には持物がありません。また、出家の際に捨ててしまったため、大日如来など一部をのぞいた如来は装飾具を一切身につけていないのが特徴です。

インドの王族や貴族がモデルの菩薩像

千手観音などが代表的な菩薩像は、出家される前のお釈迦様の姿が基本です。王族出身であった釈迦にならってインドの王族や貴族の服装がモデルとなっており、上流階級の身なりをしています。地蔵菩薩など一部の菩薩をのぞいて、胸飾や手首につける腕釧など、華やかな装飾具を身につけています。

怒りの表情をした明王像

不動明王などに代表される明王像は、手に剣や弓矢などの武器を持っており、手や足、顔の数が異質な姿をしていることが多いです。最もよく見られる特徴は、1つの顔に2つの腕、牙をむき出した怒りの表情をしています。

共通する特徴がない天部像

天部像の像容は、バラモン教などで考え出された形がもとになっていることが多いものの、成立過程や徳などが幅広いことから、全体としては共通な特徴がありません。人間に近い服装をしており、見た目からは貴人形・武将形・鳥獣形の三つに分けることができます。

当ショップでは、仏像をテーマとしたアート作品を取り扱っております。輝きと立体感が表現されたシルクレや原画に忠実な再現が可能なジクレなど、様々な種類の作品の通販を行っております。興味がございましたら、当ショップのホームページをぜひご覧ください。

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

いつもご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。
※カレンダーの休日は、美術館の休日とは異なりますのでご注意下さい。
※ご注文の日より発送まで約7営業日を頂いております。お急ぎの場合はお知らせくださいませ。
※土曜・日曜のご注文、お問い合せの処理は翌営業日以降となりますのでご了承ください。

ページトップへ